特定調停とは?

特定調停は民事調停手続きのひとつになり、「この先、支払不能に陥る可能性がある金銭債務を負っている状況」といった特定債務者が、経済的な再生を図ることを目的とした救済制度のことです。
具体的には、「債務超過状態で月々の借金返済に苦しんでいる者が、簡易裁判所を通して債権者と話し合い、借金を減らすための交渉や和解を目的とする手続き」になります。

特定調停とは?のイメージ

利息制限法に基づいた引き直し計算後の借金が3年以内で返済できるかどうかが、特定調停を利用するかどうかの基準となります。
月々の支払い額の負担は減りますが、借金がゼロになるわけはありません。

特定調停は「裁判所を利用した任意整理」と例えられることが多いです。

通常の任意整理は裁判所を介さずに弁護士や司法書士が債権者と交渉をすることになりますが、特定調停は債務者と債権者の間に裁判所が入り、裁判所が債務整理案を作成していくことになります。
あくまでも裁判所は債権者との交渉を取り持つだけの、双方に中立的な立場なため、裁判所から債務者へ一方的にアドバイスをしたり、債務者だけに有利に働きかけるようなことは一切ありません。
逆に、債権者はこのような交渉に慣れているため、債権者にとって有利になるように交渉を進めてくるので注意が必要です。

特定調停にも、メリットとデメリットが存在します。
それぞれをきちんと理解しておいて損はないでしょう。

【メリット】

  • ・専門知識がなくても申立手続きが簡単なことと、費用が安いため、比較的気軽に利用ができる
  • ・特定調停後の返済は、利息をカットすることができる
  • ・借金の総額が減り、月々の返済額も減ることにより、生活が安定する
  • ・特定調停の申し立てをした時点で、貸金業者からの催促や取り立てが止まる
  • ・自己破産や個人再生とは違い、「官報」に記載されない

【デメリット】

  • ・ブラックリストに載ることになり、数年間借り入れができなくなったり、カードを作ることができない
  • ・支払いが滞ったり延滞した際に、強制執行の可能性がある
  • ・3~5年以内の返済期限があるため、借金が多額の人は利用できない
  • ・過払い金の取戻しができないため、別に過払い金を回収する手続きの必要がある
  • ・話し合いの合意が基本になるため、調停が成立しない可能性がある

当事務所では、特定調停に関してのお悩みやご相談を受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.