過払い請求の手続き期間について

過払い請求の手続き期間についてのイメージ

過払い金の返還請求の手続きをして、手元に過払い金が戻ってくるまでに、一体どのくらいの時間がかかるか、気になる方は多いのではないでしょうか。
実際のところ、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合に、和解交渉後の返金で3か月~6か月、訴訟にまで発展すると1年以上かかると言われています。
また、個人で過払い金返還請求の手続きを行った場合には、さらに時間がかかることが予想されます。
ここでは、過払い金を返還するための手続きの流れと、それぞれの手続きに要する時間について、ご説明いたします。

まず最初に、貸金業者に過去の取引履歴の開示請求を行います。
開示されるまでに、専門家が開示請求した場合で大体1か月くらい、長くても3か月程度かかることが多いです。
個人で開示請求した場合も、開示までに同じくらいの時間がかかりますが、個人を相手にすぐに開示するような貸金業者は少なく、実際は業者からなかなか連絡が来ないという話をよく聞きます。

その後、開示された取引履歴をもとに引き直し計算をして、貸金業者へ書面にて過払い金の返還請求をします
専門家に依頼をした場合、専門家は過払い金計算のプロなので早急に対応してもらえますが、個人が行った場合に、慣れない引き直し計算と請求のための書面の準備作業に、数週間かかる方がいらっしゃいます。

過払い金返還請求の後に、貸金業者と電話等で和解交渉をすすめます
専門家でも個人でも、和解に至ることができれば、過払い金が戻ってくるまでに2~3か月かかることが多いです。
和解交渉が決裂して裁判になった場合は、訴訟の準備等も含めて、またそこから半年~1年以上かかることになり、控訴となるとさらに期間がかかります。

個々の案件によってケースバイケースになるため、上に記載した期間より早いスピード解決や、さらに時間がかかってしまう場合もありますが、一刻も早い解決をお望みの方は、専門家に依頼することをおすすめます
専門家が入ることにより、素早くて正確な計算や書類作りが可能になることはもちろん、貸金業者の開示請求や和解交渉時の対応の違いで時間の短縮化が望めるためです。

また、成功率もグンとアップします!

当事務所では、過払い金返還請求の経験を長年積んだ認定司法書士が在籍しております。
過払い金返還のスピード解決をお望みでしたら、ぜひ当事務所までご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.