信用情報について

先に、過払い返還請求の手続きのやり方を説明しましたが、最近では、「過払い金は返してもらいたいけれども、信用情報が気になってしまう」、「ブラックリストはいやだ」といったご相談が増えております。

そもそも信用情報とは一体何なのでしょうか?

信用情報とは「個人の借入の履歴や金額、破産や民事再生などの法的整理、長期延滞の場合の事故情報、専門家介入、完済」といった借入と返済に関する情報を登録する巨大データベースをご想像ください。
(例えばCICやJICCといった信用情報機関は個人のデータを管理している会社のことを指します)
ここに、いわゆる「事故情報」が載ってしまうと、約5年~7年は情報が削除されず、結果として新しい借入をする際に、業者が信用情報を問い合わせた際に、この「事故情報」がある場合、原則的に審査が断られてしまうということになります。
しかし皆様信用情報のことを気になさるのですが、実際は一定期間過ぎれば情報は削除されるのでそこまで気になさって、過払い返還請求をしないというのも、もったいない話です。

さらに言ってしまえば、信用情報には「3社借入合計100万円」といった内容も出てしまいますから、いわゆるブラックリストに載っていなくても、結局、「総量規制(=収入の3分の1以上は原則貸してはいけないという制限)」にひっかかってしまえば、新しい借入はできず、返済するだけになってしまう場合もあります。過払い返還請求をしようした方が実際に法律家に頼んで手続きを行う場合、以下の2パターンが想定されます。(ご本人様での手続きでは異なります。)
引き直し計算後の信用情報
お手続きをされている期間はこの情報が載ってしまうので、ブラックリスト登録は原則回避できません。
しかし、債権者が過払いであることを認め、返還に応じることになった場合には、その後速やかに「完済」と情報を登録し直すことになっています。その後は通常の状態に戻るので、特にローンに支障はでません。

また、もともと「完済」の方は過払い返還請求をしても信用情報に何か載せることはあり得ませんので影響も当然ありません。従って、「過払いになっている」場合には、上記のような経緯をたどって信用情報が元に戻りますから過払い請求を速やかに行って、債権者に過払い金の存在について認めさせ、「完済」と登録させればよいのです。 やはり月々の返済が厳しいということであれば、お手続きをされた方がよいでしょう。 完済されている方は早急に過払い返還請求に着手されることをお勧めします(信用情報に何らかの変化があることはありえません)。確かに、完済してから過払い返還請求を行うことが、信用情報には何も登録されませんので、最も安全かとは思われますが、その時に払いすぎた過払い金を返還してくれる業者が存続しているとは限りません。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.