司法書士について

司法書士のイメージ

司法書士は、法律知識を基に登記業務をしたり、裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類を作成する業務をメインに行う職業になります。
日常生活を送っているなかで、法律問題に直面したり、法律に関するトラブルに巻き込まれる可能性は、誰にでも存在します。

近い間柄に法律に関わる職業の方や専門家がいらっしゃればいいのですが、法律に詳しい方が周りにいらっしゃらない方や、ご自身に法律の知識がない方は、「誰に相談していいかわからない」、「どうしたらいいんだろう」と困ってしまいますよね。
司法書士は「法律問題でお困りの方に、正しい法律知識を以てアドバイスやサポートをする」・・・そんな役割を担っていると考えます。
ここでは、より具体的に司法書士の業務をご紹介いたします。

登記業務

法に定められた一定の事柄を、登記簿や台帳に記載することを登記といいます。
不動産の売買による所有権移転や抵当権設定などの不動産登記のための書類作成や申請代理業務を行っています。
また、新たに会社や法人を設立するための手続きや、役員の変更や会社を移転するための手続きなど、商業登記のための書類作成や申請代理業務も行っています。

裁判業務

損害賠償や賃金、家賃などを請求するために、裁判を起こす際の書類作成を司法書士が行って、訴訟のための手続きをサポートしています。
また、請求金額が140万円以下の簡易裁判所で取り扱う民事事件について、当事者の代理人となり業務を行っています。

債務整理

多重債務問題の解決のため、過払い金返還請求、任意整理、個人民事再生や自己破産などの債務整理における手続きのをサポートしています。

成年後見

成年後見の申立書の作成や、自ら成年後見人になることにより、障碍者や高齢者などハンディキャップを負っている方の財産管理を支援しています。

相続・遺言

遺言書の作成や生前贈与に関したサポートや、土地や建物などの不動産等の相続登記や、家庭裁判所への相続放棄などの申立書の作成を行っています。

その他の業務

供託手続きや、外国人の帰化申請手続きなどのほか、不動産の筆界特定手続きなども行っています。

当事務所では、認定司法書士がみなさまの様々な法律のお悩みに対して、的確なアドバイスやサポートをいたします。
少しでもご不安な点がある方は、お気軽にご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.