借金から過払い金

借金から過払い金のイメージ

過払い金は、借金を完済した人だけでなく、今現在も借金を返済中の方にも発生します。
返済中の方は、過払い金で借金を相殺することにより、今ある借金をゼロにして、且つ手元にお金が残るケースもあります。
そこまで多額の過払い金が発生しなかった場合でも、過払い金が少額でも発生していたら、絶対返還してほしいと思う気持ちはあるでしょう。
もともとは自分のお金であり、戻ってきて当たり前のお金から、月々の返済に充てたいと考えることは至極当然です。
では、実際に借金を返済している最中で、過払い金の返還請求をするには、どのようにしたらよいのでしょうか。

借入中に過払い金を取り戻すためには、「任意整理」という方法を取ることになります。
実は、本来の過払い金請求は、完済した借金について返還手続きを行うことを言います。
今回のケースのように、借金が残っている返済中の方が行う過払い金請求は、「任意整理」と呼ばれます

任意整理とは、債務整理のひとつになり、裁判所を利用することなく、通常、法律家などの専門家を通して、利息のカットなどの返済方法や返済期間について交渉する手続きのことを言います。
過払い金請求は、任意整理の手続きの中でも、借金を確実に減額させる作用があります。
グレーゾーン金利で貸付を行っていた2010年より前に、数年に渡って借金を繰り返していた方は、過払い金が発生している可能性がとても高いです。
発生した過払い金を、借金の減額のために流用してもらうことで、借金元本が減り、月々の返済が楽になります。

しかし、任意整理の手続きを取る中で、注意が必要な点があります。
ブラックリスト(信用情報)に載ることになり、一定の期間中は借入や新しくクレジットカードを作ることが不可能になってしまう、という点です。
今後、新たなローンを組む予定のある方は、よく検討されてから任意整理の手続きをとることをおすすめします。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.