過払い金の利息について

過払い金の返還請求時に返還を請求できる金額は、返済をし過ぎた金額だけではなく、過払い金に付いた利息も併せて請求できることはご存知でしょうか。
しかも、その利息は年5%となり、銀行預金の利息より高金利となります。
今まで貸金業者の高金利に悩まされていた方にとっては、目から鱗が落ちる思いですよね。

過払い金に付いた利息は、過払い金が発生した日から借り主の元に過払い金が返還される日まで発生します。
借りたの年数や借り入れの金額にもよりますが、貸金業者との取引の期間が長いほど、その分利息が大きくなり、過払い金の金額も併せてふくらむことになります。
過払い金の金額が100万円以上のケースは、利息だけで過払い金の金額が10~50万円も増える可能性があります。

過払い金の利息についてのイメージ

そもそも過払い金によって発生する利息は、「悪意の受益者」に対して請求できます。
「悪意」と言っても、「悪徳」や「悪質」な貸金業者といった意味ではなく、「法律上の原因がない不当利得であることを認識している」という意味になります。
過払い金の返還請求権は法律上「不当利得請求権」になり、過払い金を得た貸金業者が悪意の受益者であれば、過払い金の全額と併せて、過払い金による利息を付けて返還するよう請求できることに繋がります。
過去には「悪意の受益者ではないので、5%の利息は払わない」といった貸金業者が多くいましたが、最高裁は特別な事情がないかぎり「悪意の受益者」となり、利息が発生すると判決を下しています。
通常であれば、その特別な事情は存在しないため、5%の利息を付けて返還請求することは一切問題ありません。

なお、過払い金に付いた利息は課税対象となります。
過払い金は不当利得金となり、不当利得金は課税対象にはならないのですが、過払い利息は本人の利益となるため、納税の義務が生じます。
確定申告の必要が出てきますので、注意が必要です。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.