個人再生とは?

個人再生とは、借金を減額させることを目的とした、裁判所を通して行う債務整理の手続きのひとつのことをいいます。 自己破産のように借金を全額免責されることはないのですが、借金を法律で定められた金額(原則として5分の1程度、場合によっては100万円)に減額し、その借金を法律で定められた期間内(原則3年)に返済するといった再生計画案を作成し、裁判所に提出して承認されることによって、大幅な免責につながることが期待できます。

個人再生とは?のイメージ

また、個人再生はいわゆる任意整理と自己破産の間のような制度と言われ、借金の減額だけではなく、住宅を手放さずに手続きができる場合がある、といったことが特徴になります。
個人再生の利用者で、住宅ローンの返済が困難な状況に陥っている方のみが利用できる「住宅ローン特則」という手続きをすることにより、マイホームを守ることが可能になります。

個人再生には、利用するための条件やメリット・デメリットが存在します。
手続きを行う際には、よく検討してから利用するようにしましょう。

【条件】

  • ・変動の少ない収入が定期的にある等、借金返済のための支払い能力がある
  • ・住宅ローンを除いた債務の総額(無担保の借金)が5,000万円以下
  • ・"個人"である("法人"ではない)

【メリット】

  • ・任意整理と違い、借金が原則的に5分の1に大きく減額されるため、返済が楽になる
  • ・住宅ローン特則を利用することにより、住宅や車などの財産を守ることができる
  • ・給料差し押さえなどの強制執行をされることがない
  • ・自己破産と違い、職業制限や資格制限がない

【デメリット】

  • ・ブラックリストに載ることになり、数年間借り入れができなくなったり、カードを作ることができない
  • ・「官報」という国の機関紙に掲載される
  • ・手続きがとても複雑なため、専門家に依頼することになり、そのために費用が高額になる
  • ・継続的な収入の必要性

個人再生の手続きは、任意整理の中でも大変難しく複雑なものと言われています。
専門家に依頼をすることにより、手続きを円滑に進めることが可能になります。
個人再生のお悩みやご依頼については、ぜひ当事務所までお気軽にご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.