過払い金のしくみ

消費者金融などに対して、「払いすぎた利息」のことを指します(信販会社でもキャッシングに関しては同じ仕組みで発生します)。 では、この「過払い金」とは一体どうして発生するのでしょうか?ここでは、Aさん(男性・仮名)の事例をもとに、考えてみましょう。

Aさんの借金総額合計145万円

Aさんの借金総額合計145万円

他に車のローンも含めると、債務額は250万円を超えてしまいます。
返済が1日でも遅れると督促の電話が携帯電話や自宅にきてしまう、消費者金融の取立てには悩んでいたようです。
ところで、みなさんは、「利息制限法」という法律と、「出資法」という2つの法律が存在するのをご存知でしょうか?
利息制限法では、借入元金が10万円未満の時は年利20%、10万円以上100万円未満の時には年利18%、100万円以上の時には年利15%といった利息の上限が法律で定められています。
かたや出資法は、年利29.2%までは認められており、いわゆる「サラ金」と言われる消費者金融は、この出資法の範囲内での貸付を行っていました(出資法を超える金利での貸付は完全な違法金利となり、刑事罰も設けられています)。
この、「利息制限法を上回るけれども出資法の範囲内の利率」を、以前は「グレーゾーン金利」と呼んで、「罰則はないから問題ないじゃないか」ということでそれぞれの業者が、金利を定めていました。

ところが、最高裁判所が平成18年に、「利息制限法の上限を超える貸付は無効であり、ごく一部の例外を除いては認められない」という判例を出したのがきっかけで、以降、過払い金の存在が世間でも認識されるようになってきました。

そこで、Aさんは専門家に依頼をして、全ての業者から取引の履歴を提出してもらい、それを利息制限法に基づいて再度計算をしてもらうことにしました(これを、引き直し計算といいます)。引き直し計算の結果、例えば信販会社1では、年に約8万円の金利を支払っていましたが、実際は年に約5万5千円の金利部分が、利息制限法で認められる金利であり、約2万5千円は利息の払いすぎ、つまり過払いになっていました。

こうして再計算の結果、Aさんの借金の金額は、以下のようになりました。

引き直し計算の結果

引き直し計算の結果、業者(債権者)に返還を求めることができる過払い金が総額95万円。
残る債務は60万円という結果になりました。
(自動車ローンは利息制限法内の金利なので過払い金はありませんでした。)

これによって、Aさんは過払い金が発生している業者に対しては、債権者として、「支払い過ぎた部分の利息を返還してくれ」と言える権利が法的に発生したのです。Aさんが結局取り戻した過払い金の総額は80万円でした。これをそのまま、借金が残ってしまう業者に支払ってもまだ20万円の余りがあります。なにより毎月の返済に追われることもなくなり、平和な生活を取り戻すことができました。

ここまで、事例を通して述べてきましたが、結局、過払い金とは、

利息制限法の上限金利20%と出資法の上限金利29.2%の間の無効とされた部分(=余分に払いすぎた利息)の差額が積み重なって発生するもの
だということが言えます。これが、過払い金が発生する仕組みです。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.