過払い請求の流れ

ところで、「過払い金発生の仕組み」のところでご説明した「発生した過払い金」は、あくまでも、これまで借金を抱え込んでいたいわゆる債務者が、「利息を支払い過ぎたから返還してくれ」という権利に過ぎません。これを行使するかしないかは個人の自由なのでしょうが、完済した業者に対して過払い金返還請求をする場合には、「最終返済日から10年」を経過してしまうと過払い金返還請求権自体が時効で消滅してしまいます。
また、完済してから1年ほど期間があいて、また取引が始まった場合にも、返還請求を受ける業者側は、「これは期間があいているから別の取引だ」と主張してくる場合があります。もちろん、例外も一部にはありますが、「完済から10年で過払い金返還請求権は時効で消滅する」ことと「概ね2年の空白期間があった場合、取引が分断していると判断されやすい」ことは知識として持っていた方が良いと言えます。

また、現在返済中の場合は、請求権自体が時効で消滅するということはないですが、やはり過去の取引の空白期間は分断+時効の主張を業者からされてしまう可能性があります。
そこで、「過払い金が自分にはあるかも」と思われた方は、まずは「引き直し計算」をしてみることをお勧めします。
しかし、この引き直し計算をするにはどうしても「取引履歴」が必要であり、これがなければ引き直し計算はできません。
ご自身で取得することもできますが、昨今大手消費者金融会社が会社更生法の適用を受けてから、取引履歴の取り寄せ請求の数は、2倍近くに急増していると言われています。現在の過払い金返還請求は、迅速に対応する必要があることに間違いはありません。

それでは、どうやって過払い金返還請求を行っていくのか、以下に流れを説明します。

取引履歴の開示請求を債権者に行い、取り寄せた取引履歴を元に利息制限法に基づいた計算を行います。そのご過払い金返還請求を債権者に送り、裁判又は和解交渉の後、和解締結となります。和解締結後業者からの入金という流れになります。

少し前までは、過払い金返還請求をご自身で行う方もいらっしゃいますが、最近のご相談では、「取引履歴がいつまで経っても送られてこない」、「交渉担当が決まらないといって交渉ができない」等のお悩みが寄せられています。

こうしている間にも、全国各地の専門家はどんどん過払い請求を行い、まとまらなければ裁判をして過払い金の回収を行います。当然、一般の方への対応は後回しになってしまう場合が多く、また返還金額も少なくなってしまうことが多々あります。理由は簡単で、「業者が過払い金を返還する予算がないから」です。予算を上回れば当然倒産もあり得るわけで、その場合、いくら過払い金返還請求権があると言っても1円も戻ってこないこともありえます。よって今の過払い返還請求は、とにかくスピーディーに手続きを進める必要があります。
もちろん個人で1年かけて過払い返還請求をすることも不可能ではありません。しかし、業者が私的整理や会社更生法によって過払い金の返還が受けられなくなる可能性が考えられる以上、個人で全てを行う、完済してから過払い返還請求を行うというのでは、少し手遅れかも知れません。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.