自己破産とは?

自己破産とは、経済的に破たんしたために支払い時期が到来しても支払うことが出来ない等、多重債務に陥った状態の方のための救済制度になります。
「破産申立書」を裁判所に提出することにより、借金の支払い義務を免除してもらうこと(免責)が可能になります。
すなわち、自己破産の手続きにより、原則として借金を事実上ゼロにすることができ、以前のように借金に追われることなく、収入をすべて生活費等に充て、人生の再スタートを切ることができるのです。

自己破産のイメージ

しかし、自己破産にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。
メリットもデメリットもしっかり把握して、その後の生活再建のための最適な道を冷静に判断しましょう。

【メリット】

  • ・貸金業者からの催促や取り立てが止まる
  • ・借金が帳消しになり、借金を返済する必要がなくなる
  • ・ある程度の財産であれば、保有することが可能
  • ・給料差し押さえなどの強制執行をされることがない

【デメリット】

  • ・ブラックリストに載ることになり、数年間借り入れができなくなったり、カードを作ることができない
  • ・免責決定までの間、保険の外交員や警備員などの一部の職業に就くことができない
  • ・「官報」という国の機関紙に、住所・氏名が掲載される
  • ・一定以上の価値のある財産(マイホーム等)は手放すことに

自己破産をすることにより、「家族が代わりに借金を背負う」、「戸籍に載ってしまう」、「選挙権を取り上げられる」、「近所や会社など周りの人に知られてしまう」、「家を借りることができない」、「通帳を持つことができない」、「ローンが今後組めなくなる」、「資格をすべて剥奪される」などといった噂を聞きますが、それらはすべて誤解です。
自己破産後の生活を考える不安に感じる方も多いと思いますが、間違った認識に惑わされずに、正しい認識を持って検討されることが大切だと考えます。
自己破産や免責について、お悩みやご不明な点がありましたら、ぜひお気軽に当事務所までご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.