手続きに必要な書類は?

過払い金の返還請求をするにあたり、「さまざまな必要書類を揃えたり、いろいろと手間や時間をかけて準備をしなくてはいけないのではないか」と、心配される声を聞きます。

手続きに必要な書類は?のイメージ

具体的にどのような書類が必要になるのかを、すぐにわかる方はそう多くはないのでしょうか。

実際に過払い金の返還請求をするには、

  • ・「①取引履歴」
  • ・「②利息制限法に基づいた引き直し計算書」
  • ・「③今までのすべての取引の契約書・申込書・明細・カード等」
  • ・「④証拠説明書」
  • ・「⑤商業登記簿」
  • ・「⑥訴状」

など、たくさんの資料や書類を揃える必要があります。

  • 「知識もないし、時間もないから、こんな書類は一人じゃ用意できない!」
  • 「数社から借入していたから、明細なんてすべて保管できていない!」
  • 「家族にばれたくなかったから、契約書とか明細は全部捨てちゃった!」

…など、当事務所にご相談に来られた方からも、このような声をよく耳にします。

ご安心ください!!上記の書類が揃わなくても大丈夫です。
専門家にご依頼いただければ、簡単に過払い金請求をすることができます。

専門家に依頼する際に、過去の取引の明細やカード等は、あるに越したことはありません。
しかし、必ずしもなければいけないということでもないのです。
貸金業者の会社名さえ思い出していただければ、借金をした際の資料が揃わなくても、過払い金請求することができます。
明細や契約書がなければ貸金業者へ取引履歴の開示を求めることが可能ですし、カードを紛失してしまっても免許証等の身分証明書で個人情報を駆使して本人特定を行うことができます。

当事務所では、過払い金返還請求の手続きに必要な書類や資料を、代理人となって作成いたします。
また、手続きをすすめていくうえで不安な点やわからないことは、認定司法書士がしっかりアドバイスやサポートをいたします。
当事務所まで、まずはお気軽にご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.