過払い金(グレーゾーン金利)とは

「過払い金」とは、貸金業者に対して返済をし過ぎたお金のことををいいます。
5年以上の長期間に渡って、貸金業者と取引をしている場合は、利息を払い過ぎているために過払い金が発生している可能性があります。
過払い金を発生させる 利息を払い過ぎてしまった原因は、「グレーゾーン金利」(または「灰色金利」)という言葉と深く関係しています。
少し前までテレビや新聞などを賑わせていたので、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

貸金の利息を制限する法律は「利息制限法」と「出資法」の2種類があります。
それぞれの法律で定められている金利の上限が異なっており、その差を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。
利息制限法では、元本10万円未満は年20%、元本10万円以上100万円未満は年18%、元本100万円以上は年15%と、貸し付ける金額ごとに上限金利が定められています。
上限金利を超過した部分は無効とされておりますが、上限利息を超過した利息を取得するなどといった利息制限法違反を犯しても、罰則規制がありません。

グレーゾーン金利のイメージ

一方、出資法では年29.2%が上限金利と定められており、年29.2%を超過した利息を取得すると、出資法違反となり刑事罰(5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科)の対象になります。
貸金業者の多くは2つの法律の抜け道から、利息制限法の定める上限金利よりも高い金利と、刑事罰の対象になる年29.2%以下の金利の間である「グレーゾーン金利」で利率を設定して、貸付を行っていました。

しかし、平成22年の改正法施行により、出資法の上限金利は利息制限法と同じ水準に引き下げられることになり、グレーゾーン金利が完全撤廃されました。
したがって、これまでの利息制限法の上限を超過している払い過ぎた利息を貸金業者から返還してもらえたり、元本に充当して元本の減額を図ることが可能になりました。
今まで高い金利でお金を借りていた方は、払い過ぎていたお金を確実に取り戻すため、今すぐ当事務所までご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.