同じカード会社でカードローンとキャッシングを
利用している場合

カード会社で借り入れをする際に、「カードローン」と「キャッシング」という2つのメニューが存在していることが多いですよね。
借り入れをされていた方の中には、同じカード会社を相手に、カードローンとキャッシングの両方を利用されていた方もいらっしゃると思います。 そのようなケースの過払い金返還請求についてご説明いたします。

カードローンとキャッシングを利用している場合のイメージ

カードローンの取引は、そもそも利息制限法内での取引であるために、過払い金が発生する可能性は低いです。
一方、キャッシングの取引は、利息制限法で定められている金利の上限を超えた違法金利での取り引きであるため、過払い金が発生する可能性が高くなります。

カードローンとキャッシングの複数の取引において、同一として基本契約をしている場合には、キャッシングの取引で発生した過払い金を、カードローンの取引の返済に充当することができます。
また、キャッシングの過払い金が発生した際に、カードローンの取引が無かった場合でも、キャッシングで発生した過払い金を、後に始まったカードローンの取引の返済に充当することもできます。
同一の基本契約では、一方の取引で過払い金が発生するごとに、もう一方の取引の返済に充てる「横飛ばし計算」をすることが可能です。

しかし、複数の取引でも同一の基本契約でない場合は、一方の取引で発生した過払い金を、もう一方の取引の返済に充当することができない場合もあるため、注意が必要です。
「自分の場合はどのケースにあたるんだろう」、「何回もキャッシングやカードローンをしていて複雑でよくわからない」など、ご不明点、ご不安がある方は、ぜひ専門家へご相談ください。

当事務所には、過払い金交渉において長年実績を積んだ認定司法書士が在籍しています。
ご相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせをお待ちしております。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.