ブラックリストについて

過払い金の返還請求のデメリットとして「ブラックリストに載る可能性がある」という話と聞いたことがある方は多いと思います。
「過払い金請求をしたいけど、ブラックリストに載ってしまうのは困る…。」といった懸念する声もよく耳にします。

ブラックリストのイメージ

そもそも一般的に「ブラックリスト」とは、

  • ①JICC(消費者金融や信販)
  • ②CIC(クレジットカード会社)
  • ③全国銀行個人信用情報センター(銀行)

の政府公認の3つの信用情報機関が管理する個人信用情報に、「事故情報として登録される」といったマイナス面の情報の掲載のことを呼びます。
貸し倒れの防止のためにブラックリストに5~7年は登録され続け、その間は新規の借り入れができなかったり、クレジットカードの申し込み時の審査に通らなかったり、自動車ローンや住宅ローンが組めなくなるなどの不都合が生じます。

実際に過払い金の返還請求をすると、ブラックリストに載らないケースと、載ってしまうケースがあります。
ブラックリストに載らないケースとしては、すでに借金を完済している状態での過払い金請求です。
このようなケースの方は特にデメリットが無いため、すぐにでも過払い金請求をすることをおすすめします。

反対にブラックリストに載ってしまうケースは、借金を返済中の貸金業者に対しての過払い金請求で、借金は減額されても債務が残った状態は「事故情報」として登録されてしまいます。
また、返済の途中にその過払い金で完済できるようなケースではブラックリストに載らないとされていますが、一時的に事故情報として登録されてしまう事例があるようです。
しかし、一時的に登録された事故情報は、最終的に過払い金返還の合意がなされた際に抹消されます。
一時的にブラック状態になっている期間に、すでにお持ちのクレジットカードの更新があった場合は、更新が出来ない可能性があるため注意が必要です。

借入中の過払い金請求については、事前に完済できるかできないかをよく把握した上で行うことが重要です。
ブラックリストに載って後悔する前に、ぜひ当事務所までご相談ください。

過払いの計算をしてみる!
Copyright (C) 司法書士法人はたの法務事務所 , All rights reserved.